忍者ブログ

HYPNOTICな日々。。

活字中毒・旅好き・食道楽でヲタな日常。。

04/29

Sat

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12/21

Fri

2007

旅の予定ばかりが先に決まっていく。。

DOLLSサイトに新作を2本UPして、DOLLSサークル冬の新刊
の通販の発送をして、その足で横浜まで。

ルミネ3階のメガネ屋『金明堂』で完成したメガネを受け取り
(カッコ良くて可愛くて大満足)、5階の本屋『有隣堂』を徘徊。
とりあえずBL本売り場へは行くが、タイトルか表紙イラストか
帯のアオリのいずれかにたじろいで(だって。。スゴくない?)、
参考になりそうなのを1冊くらいは読んでみようかな。。と思
っていたのに、本日も断念。
きゃ~恥ずかし~!(*>.<*)
。。こんななのに、あんなのが書けるってのが、自分でもまだ
不思議(笑

結局買ったのはBLとは全く関係の無い3冊。

『黒執事』3巻(枢やな;スクウェア・エニックス)
『機動戦士ガンダムさん』みっつめの巻(大和田秀樹;角川書店)
『ぴあMAP TRAVEL 香港*マカオ2008ハンディガイド』

毎度のことながら。。妙な組み合わせ?(^.^;;

ガンダムさんは表紙に一目惚れ。裏表紙も好きっ!(笑
黒執事は有隣堂限定の特典が毎回あるのを知っているので、
先日渋谷TSUTAYAで見掛けた時には買わずに、今日ここ
で買ってイラストカードを貰った。
香港・マカオのガイドブックは。。。。。
なんで買っちゃったんだろ?←これこそ本当の衝動買い。。
どこか行きたい病発作の前駆症状??(汗
見てたのは1月にイベントで行く大阪とか神戸方面のガイド
ブックだったのに。。

そ~いやしばらく香港に行ってないなぁ。。

陸羽に行って早茶して、糖朝行って香港の店にしかない某
スイーツを食べたい。
細い路地に並ぶ露店をひやかして歩いて、現地の人しか入
ってないような小さな店で亀ゼリーが食べたい。
スターフェリーに乗ってヴィクトリアハーバーの風に吹かれた
い。。

いつもならここで香港行きの計画なんかを立て始めてしまう
ところだけど、年末から1月にかけてはイベントが目白押しで
旅行は無理なのが分かっているから、諦める。

でも来年のいつか、香港に行ってしまいそうな予感がする。。
あ、待てよ。今年ドバイに一緒に行ったA嬢が。。
「来年はケニアに行きたい♪」
と、云ってたような気がする。。
5月には美味しいモノ好きな面子での京都旅行も入ってる。
小説もまだまだ書く気でいるからイベントにも参加するし。。
もしかして、来年も結構忙しくなりそう?(^-^;


PR

12/08

Sat

2007

          

ひとつ前のブログをUPした直後、ぴんぽ~ん♪とクロネコさんが
やってきて、メール便を置いてった。

やった!!届いたよ『コミック怪』vol.1と2がっ♪

vol.1巻末の『鵺射』予告編をいきなり見て、vol.2の連載1回目
を一気に読んで、“鵺射”を“やしゃ”と読ませるのか。。と初め
て知る。
いや~。。面白くなりそう(^-^*
真紅の花を咲かせるらしい黄泉桜や、兄弟の血に隠された謎、
BTや第四課の設定や、よりダークな画面にかなり萌えた。
ダークファンタジー好きなので。
兄弟愛には萌えなかったし、黒鴉部長にも萌えなかったけれ
ど、そのうち、気が付いたらハマってるかもしれない(笑
それにしても『魍魎の匣』をまさかマンガで読む日が来るとは。。
(京極堂作品ではこれが一番面白い!と思っている、と、前に
ここのブログで語ったこともあったっけ。。)
でもこの雑誌でnaked ape先生の連載が始まってこうやっ
て買うことになったっていうのもきっと何かの縁だから、とりあ
えず読んでみるか。。
ええっ!?映画『魍魎の匣』で久保竣公役を演じるのクドカン
なんだ!!。。個人的には及川光博あたりがいいと思ってた
のに。。久保は切れ長の美形ってイメージあったのにな。
宮藤官九郎かぁ。。狂気の演技は上手そうだけど、ちょっと痩
せすぎ?←好みのタイプでは無いらしい(笑

また咳が出てきたので、この2冊抱えて布団へGo!
今日は一日ごろごろ過ごそう。。

ところで。。ウチに来るクロネコのおに~さん達は何故いつも
にこにこ~って笑うんだろう。。?
そりゃ~配達所がご近所で、確かにヘビーユーザーではある
んだけど(同人誌の発送等は直接持ち込みでお願いしてる)。
「いつもどうも~♪」とか、
「あ、今日は居ましたね!」とかって。。
毎度ご迷惑かけて&お世話になっておりますm(_ _)m
。。って、こんなところでお礼云ってもしょうがないか(汗


11/29

Thu

2007

我が心に翼を与えたまえ。。

日付が変わったころから朝まで壮絶に忙しくなって、終わって
帰る頃にはぼろぼろへろへろ。。の、超絶激務。
咳もまだ出るが、仕事中はそんなこと気に掛けてもいられず。
終わった途端にごほごほごほごほ。。
冗談でも大袈裟でもなく、もうダメかも。。と思った夜任務明け。
よろよろ(←これも大袈裟ではなく、多分本当にこんな感じで
外を歩いてたハズ。。)と帰宅して、布団に直行。即、爆睡。

6時間寝てぱっちり起きて、すぐに買物へ。
覚醒した時、無性に食べたい!と思ったモノを買いに。
それは。。“キュウリの浅漬け”。
しかも、コンビニなんかに売っている、丸のまま漬けたモノが
食べたくて食べたくて。。
何故?(^-^;;
近所のスーパーとコンビニとをはしごして帰ってきて、今その
漬物と、“午後の紅茶Special ダブルベルガモット”を飲んで
生き返り、これからパイナップルを食べるところ。
う~む。。我ながら組み合わせが妙(笑

目覚めの際に降りてきて、買物への行き帰り中も考えていた
話が1本。さて、これから書きましょうか。
今日こそは『もやしもん』を観るんだい!←最近見逃してる(涙

少しづつ精神的スランプから脱却しつつあり。あと一息。
こういう時はあまり難しい本は向かないので、

『つばさよつばさ』(浅田次郎;小学館)

を、読み出してみた。
これは紀行文を集めたもの。紀行文は読むのも書くのも好き。
この作者のこの手の文章は以前JALの機内誌で読んだかな?
と思ったら、それに加筆・修正したものを纏めた本だった(笑
精神(こころ)が重くてどうにもならなくて、でもどこにも旅立て
ない時には、軽やかな文章の紀行文が無性に読みたくなる。
しかも男性作家の、さらっとした文体のものが。
つばさよ、つばさ。。
この本はどんな翼を私に与えてくれるだろう?
まだ最初の方しか読んでいないけれど、先が非常に楽しみ。


11/23

Fri

2007

給料日あとのお決まりコース。。

           diary 2007.11.23 coffee

水曜日に同僚Nさんと新宿の串揚げ屋さんで飽食・鯨飲(ってホド
には呑んでないんだけど、そんなに呑めない私的にはそんな感じ)
した勢いのまま、帰宅後DOLLS小説を2本同時に書いて、朝4時に
撃沈。。6時間かっちり爆睡して起きて、昨日は夜任務。
そして今日が祭日なので、繰り上がって給料日♪
夜任務前に銀行へ行き、えへへ~(^-^)と笑いながら職場へ(笑
そんなに忙しくはないけどなんとなく落ち着かない夜が明けて、
無事任務完遂。お疲れさま~(^-^

給料日の直後にはお決まりの寄り道コースがあって。。
まずは渋谷の文教堂書店へ行き、ぐるぐる歩き回って心の琴線に
触れた本の中から、自分が持って帰れる重さと葛藤しながら(笑)
厳選して数冊買う。
本日の収穫は。。

『きのう何食べた?』1巻(よしながふみ;講談社)
『戦う!セバスチャン』7巻(池田乾;新書館)
あと、英語のタイトルを考えるのに必要な資料を1冊。

『きのう~』は絶対に買おうと思って、発売日を指折り数えて待っ
ていたマンガ。食べる物を描かせたら、よしながふみ先生の横に
並ぶ者は居ない!と断言できる。
これも食いしん坊の心を激しく揺さぶる本。
ゲイカップルの話で、えっちもしてるんだなぁ。。と匂わせる台詞も
あって、それなりに大人な内容の話なんだけど、まぁそこはそこで
ね!という感じでさらっと読ませるのもスゴい。。と思う。
料理に関する薀蓄がちょっとウザくて鼻にツく部分もあるが、それ
はそれでこの作品の“味”なんだと思えばクリア出来る(←個人的
には一部飛ばし読みにて対応。笑)
『戦う~』を買ったら会計の時店員さんが、同じに発売になった
『花屋の番人』2巻を買うと同時発売記念ペーパーを差し上げられ
るんですが。。と、引換券(←こういうモノがあったのだ)をくれようと
したので「もう読んじゃったんですよね~」と笑顔で呟いてみたら、
「なら、どうぞ!」と袋に一緒に入れてくれた。
池田乾先生(←こちらは乾=“かん”と読む)の漫画は好きだし、
『花屋~』は本当に連載(雑誌『Wings』に掲載中)で読んでいるか
ら、これはなかなか嬉しかった(^-^*
『東京版ミシュランガイド』は発売2日目にして完売御礼。
一応見ておくか。。と思っていたが、表紙すら見ることが出来ず。
それより眠くて仕方なくて、もう一軒本屋を巡る気も起きず。
電車に飛び乗って居眠り(しかも爆睡)して帰る。

そしてもう一軒、寄るところがある。
ウチの近所の焙煎コーヒー屋さん。ここは絶対外せない。
いつもここでコーヒーを買ってはいるんだけど、給料日後にはちょ
っとだけ高い豆を買う。
本日選んだのは。。

インドネシアの“マンデリン・トバコ”
イエメンの“ホワイト・キャメル”

マンデリンの方はお気に入りでよく買うものなのだが、イエメンの
方は初めて買ってみた。
「モカの原種に近くて、普通のコーヒーとは違ってスパイシーな味
がするんです」なんて云われたら興味津々。
「深く煎れば酸味も飛びますし」と、私が酸味を苦手だと心得てく
れている店員さんが薦めてくれたので、買ってみた。
さてさて、スパイシーな風味のコーヒーってどんな味?
早速淹れてみたいのはやまやまなれど、また朝方から咽喉が痛
くなってきたので、これから“エスタック葛根湯エキスかぜ内服液”
を1本かーっと一気に呷って布団の中に転がり込む予定。
また風邪ひく訳にはいかないので、まずは養生。
こんなにお天気が良くて穏やかな祭日の、しかも真昼間なのに。。
寝ます。おやすみなさい(^.^;


11/06

Tue

2007

なんちゃってエスニッカー愛用の本。。『アジアバカうまレシピ』黒田信一

爆睡して、ぱかっ!と覚醒したら21時過ぎ。
起き上がって立とうとしたら、左足の土踏まずから踵(足裏
部分)の付け根に激痛が走った。
片足を引き摺らないと歩けないくらい、痛い。。
寝違えた?こんなとこを??
自分、どんな寝相してたんだ。。?(汗
ひょこん、ひょこん、とリビングへ移動。

冬イベントに合わせて発行する“冬本”の編集作業をしてい
たら、PCぱそ子さんが暴走。
お前はヱヴァかっ?!
。。と怒っていてもどうにもならないので、ディスクのエラー
チェック。
PCが使えない間はフリーハンドで出来る作業をする。
表紙・中表紙原案ラフの作製。
願わくば、ぱそ子暴走直前までペイントソフトで作っていた
表紙タイトルがブッ飛んでいませんように。。
まだメモリへの出力もプリントアウトもしていない冬本用の
小説原稿が喪われていませんように。。
あうう。。頼むよ、ぱそ子様(T^T)

先程、メンテ終了。
データは全て無事だった。ほっ。。(ー.ー
安心したらお腹が空いた(笑

なんとなくエスニックなものが食べたくて、ひょこんひょこん
と倉庫部屋に移動して、愛読書を1冊引っ張り出してきた。

『アジアバカうまレシピ』(黒田信一;情報センター出版社)

2001年発行で、手元にあるのは初版。
かなり古い本だから、大きな本屋に行かないと見掛けなくな
ってしまったが、私にとっては“あ~なんかエスニックなもん
が食べたいな!”と思い立った時のバイブルみたいな本で、
もう1冊買って保存版にしとこうかと本気で思ってたくらい。
韓国、タイ、ベトナム、インド、マレーシア、インドネシア、ミャ
ンマー、中国を旅して食べた料理達が、その時のエピソード
と共に紹介されている。
そういう本は最近多いけれど、この本が異色なのは、全部
のレシピがいかにも“男の料理”なところ。
材料は手に入るもので。レシピは荒っぽいほど簡潔で。
そうかと思うとイカの塩辛を作ってみたり、魚の下拵えから
始まっていたり、沢山のスパイスを使って本格的に“素”か
ら調合してみたり。。
確かにその国で日常的に食べているものだから、日本人か
ら見て「わ!面倒くさそう。。」と思っても、実はそうでもなか
ったりするんだよな。。と、この本を読んで納得した。
それに発行当時でも下手したら今でも、あまり知られていな
い料理達のレシピが載っているのも嬉しいところ。
マレーシアのラクサ・アヤムや、ミャンマーのモヒンガー、
インドのチキンロール等々。
大好きなこれ等の料理が載っているから、と気軽に買った本
なのに、今や私のなんちゃってエスニック料理の師匠的存在
になっている。
最後に載っている日本食レシピも実に美味しそうなんだけど、
それはついぞ作ったことがない(笑
料理を作る気分じゃない時は、文章を読むだけでも楽しい。
「エスニック料理って家で作るの無理だよね?」と思っている
人には是非読んでみて欲しい。
旅が好きで食べるのが好き、ってだけの人にもオススメ(笑

さて、ちゃちゃっとラクサ・アヤムでも作ろうかな。
ラクサ(マレー語で“米で作った麺”という意味)が無いから
本のレシピ通りに乾うどんを使うから“ウドン・アヤム”だけ
ど(笑
こんな真夜中なのに。。まぁいっか(^.^;;ヾ


11/03

Sat

2007

“みっしり”の猟奇な誘惑。。『魍魎の匣』京極夏彦

映画化されるのは知っていたけれど、知らぬフリをしていた
ある映画の予告編を、奇しくも昨日、映画館で観てしまった
(しかもヱヴァの前に。。)。
それは京極夏彦原作の『魍魎の匣』。。
原作は大のお気に入りで、個人的には京極堂シリーズの
最高峰だと思っている。
これが無ければあんなに京極堂にはハマらなかったし、
京極夏彦作品にもハマらなかった!と断言出来るくらいに
好き。
今使っているPN“乾”は京極堂シリーズのパロディ漫画で
同人活動をしていた友人に頼まれてパロディ小説を書く事
になった時に付けたもので、全部で8本作品を書いた。
その友人とは縁が切れてしまい、その時作った同人誌は
手元には無く、原稿は散逸してしまって残っていないのだ
けど、自分で読んでもかなり「うむ。良く書けた!」と満足
出来る小説だったという記憶がある。

『魍魎の匣』の何にハマったか?
複雑なストーリィ展開と、独特の文体が生み出す雰囲気に。
それになによりも“匣”の存在と、主要キャラ“久保竣公”の
設定に。。
1作目の『姑獲鳥の夏』(原作)は“最初の50Pを我慢出来れ
ば好きになり、耐え難かったら苦手になる”と云われる程、
京極堂の薀蓄が煩わしい出だしであったが(私も、後に私
よりハマってしまってパロ漫画を書き出してしまった友人に
最初に貸す時、「50Pは耐えて読んで!そうしたら面白くな
るから。。」と云って薦めた覚えがある。笑)、『魍魎~』は
初っ端からぐんぐん引き込まれて一気に読破。
横溝や耽美系猟奇小説好きだったので、全編にひんやり
と漂っている江戸川乱歩の『押絵と旅する男』にも通じる、
どこか淫靡で血腥い、狂気の世界に魅了されて。。
あの世界は読んだ者の脳内で合成されるべきもので。。
映像化すると陳腐になると、火を見るよりも明らかなのに。
映画『姑獲鳥~』が失敗だったんだから(すご~い安っぽい
雰囲気になっていて、がっかりした。。けれど、もしかして
あれでも興行的には成功だったの??)、なんで『魍魎~』
まで映画化しようとするのか?!

。。そう、私は相当怒っている(」゜ロ゜)」バンバンッ!

京極堂が堤真一で、木場が宮迫だっていうだけでも許し難
いのに(阿部ちゃんの榎木津と田中麗奈の敦ちゃんは許す)。
関口君は今回は変わって椎名桔平?。。どちらかと云えば
前作の永瀬正敏の方がイメージだなぁ。。
で、久保は??誰が演じてるのか見落としちゃった。。
一番重要な事なのに~。。(ー.ー;;
黒木瞳も出るしな。。(←大大大嫌い)
観に行かないかも、と思いつつ、でも観に行ってしまいそう
な予感がする。。(←映画『姑獲鳥~』もそうだった。。)
気になるぞ、映画『魍魎の匣』!
気になっちゃうのが解っていたから知らぬフリを決め込んで
いたのに、映像化されたもの(予告編)なんか見ちゃったから
。。。興行元の思う壺にまんまとハメられた気分(/_;)

本当に『魍魎の匣』は名作だと思うので、映画観ようと思っ
ている人は先に原作読んで!長いけど。。と、切に願う。

昨日映画の前に見た予告編では、『転々』という、オダギリ
ジョーと三浦友和主演の映画が面白そうだった。
見た目も設定もど~しようもなさそうな男2人が東京を歩く、
という、そんな話らしいけれど、ただそれだけ、らしいのが
無性に気になる(笑)これは絶対観に行きたい。
あとは『椿三十郎』。
『乱』をリアルタイムで観て以来黒澤映画ファンだったりする
ので観に行きたいような、主役が織田裕二かぁ。。と観に行
きたくないような。。ちょっと複雑(-_-;

今日は昼任務で、ちょい激務?程度の任務内容。
1時間残業で帰宅して、やらねばいけないことをとりあえず
置いといて、ちょっとアツく語ってしまったな。。(^.^;;


11/02

Fri

2007

どうせなら。。

『もやしもん』を見ている間に、蚊に3ヶ所も喰われてしまった。。
えっと。。もう11月ですよ?
貴方達、そんなに元気でど~する気?(泣
通常でも他人より蚊に喰われがちで「血が美味しいのよ~!」と
慰められる(?)事は多いけれど。。今だとまだ血中に風邪菌君達
がいるよ、多分。。?それでもいいの?
どうせ吸うならいっそ余分な細菌達も一緒に吸ってって欲しい。。
インフルエンザでは無いようなんだけどね。
この微熱と鈍い頭痛が鬱陶しい。

『もやしもん』、オープニングとエンディングと菌劇場で和む。。
ああ可愛い♪(^-^*
リアルタイプ“オリゼ菌君”(しかも結構大きめ)がどうも単行本6巻
限定版に付くようで、今あちこちの本屋で増殖中。
初めて見たのは渋谷TSUTAYA地下1階のレジの後ろだったのだ
が。。気が付いたらウチから一番近い本屋のコミックス売り場にも
居た(驚
可愛いけど。。あんな大きいオリゼ菌がホントに居たらイヤだ。
なんてくだらない事で気を逸らしているけれども本当の事を云えば。。
蚊に喰われたところが、異常~に痒い!(T-T)
これじゃまた寝付くのが大変。。

こんな夜は、自分でも思い掛けないコトをしでかしてしまいそう。。


10/30

Tue

2007

切なくて懐かしくて優しくて。。『箱庭案内3』須藤真澄

熱に浮かされてふわりふわり。。としてばっかりは居られないので、
今日はちゃんと昼任務に行ってきた。
昨晩、睡眠導入剤と“ザ・プレミアム・モルツ”(ビール。。ですな)を
一気に飲んで(良い子はマネしてはいけません。良い大人も決して
真似してはいけません。。大汗)、21時から今朝5時まで超爆睡。
寝汗ぐしょぐしょで起きて、シャワー浴びて、最近買ってお気に入り
のロクシタンの新製品“ハニーレモン・フォーミングジェリー”(とろ~
りハチミツの香りのボディウォッシュ剤)で身体洗ってさっぱりしっと
りして、簡単なものだけどお弁当も作って持参して出勤。
任務もそんなに激しくなくて、余裕~。。で働いていたハズなのに、
午後になったら皆に「熱、出て来たでしょ~!」と云われた。。
はい、正解。実は昼過ぎから怠くって。。
鏡は見ないようにしても、普通に視界の中に見えてる手とか腕とか
がぼわ~っと赤くなってきていたのは分かってた。。
けど、仕事の効率は落ちなかったので、そのまま定時まで乗り切
って、残業している皆様に、すみませ~ん。。と云って上がってきた。

そっか。。まだ本調子に戻らないか。。

それでも3日間ガマンしていたので、帰り道の途中で本屋に寄る(^-^;
欲しかったのは。。

『共鳴せよ!私立轟高校図書委員会2』(D・キッサン;一迅社)

月刊コミックZero-Sumを立ち読み(最近実は買ってない。。汗)する時
は、まず『DOLLS』、次に『鉄壱智』、そして次にこれ、通称“どろ高”
を読むのが通常のパターン。
高校時代、図書委員でもないのに朝から休み時間から下校時間、
授業が無くなった卒業間近は一日中、友人達(大人数。しかも入れ
替わり立ち変わりで、出入り多し。飲食禁止なのに堂々と手作りの
お菓子とか食べてた。。)とたむろって、司書の先生に苦笑されつつ
も良くしていただいた。。という思い出があって、この漫画を読む度
懐かしくなる。
轟高校の図書委員達のこの雰囲気とは違うんだけど(うち、女子高
で、しかもばりばりのお嬢様校だったんで。。)、でもこのわいわい
やってる感じが似てる。そ~そ~こんな感じこんな感じ!みたいな。
この2巻の帯のアオリに“あるある系まったりハイスクール4コマ
漫画。”とあって、「あ~そうそう!」と頷いてしまった。
絵も好きだな。何回読んでも飽きない。

そして偶然見付けた途端に胸に抱えるように確保しちゃったのは。。

『箱庭案内3』(須藤真澄;エンターブレイン社)

このシリーズ好き♪現時点でDOLLSの次に好きな漫画。
今みたいに心身共に弱り気味な時には、泣けて困る。
電車の中で読み出して案の定、初っ端の“幻燈機4”でマジ泣き。
ヤ~バ~い~(ToT)
この“幻燈機”のシリーズは(1冊に数編の短編漫画が収められて
いて、そのうちのいくつかは同じ登場人物が出てくるシリーズにな
っている)最初のからも~切なくて切なくて泣ける話だったけれど、
この3巻の話もホント~に泣ける。
他の話も絵の可愛さに一瞬ほわんとするんだけど、切なかったり
悲しかったり。。やっぱりスゴいね、須藤真澄。
こんな話が思い付いて描ける、という事にただただ尊敬。
個人的には“エピソード1”の裏山の神様と、“おとしものがかり”
のさゆりちゃん(この人は今回からの新キャラ。おばちゃんなんだけ
ど可愛い♪)がツボ。
しかし!それ以上にツボにハマったのは。。
巻末にこっそりと“恐らくどこにも需要のない”という但し書き付きで
収められている“さゆりちゃんきせかえ”!!
需要あるっ!少なくとも私はこれで幸せになった~←興奮気味(爆
ありがと~須藤先生~っ(T◇T)

それともう1つ嬉しかったことがあって。。
『どろ高2』に挟まっていた折込チラシが、『DOLLS』5巻限定版の
予約票だったこと(笑
次はクリスマスに発売なんだね。。ってことよりも。。
笑太君がいつもより三白眼で何なんだけど、清寿が可愛いカラー
イラストが使ってあって、嬉しかった。
清寿はカラーになるとあまり可愛い顔のが無くて。。何故か怖い
顔になってることが多い。描きづらいのかな?とKiyoe嬢とも話し
てたことがある(原作者さん同人誌見ながら)。
2巻の表紙は美人だけどねっ(^-^* ←乾はこれで惚れました。。
この予約票、我が家のコルクボードに貼っちゃお~っと。
なんか2人がイイ雰囲気で良い。
羽沙希君も居るけど後ろ向いてるからいいの(笑

よ~し!元気出て来たぞ~!。。って、夜に元気出てどうする?!
微熱もまた出てきたかな?今日のブログを読み返すかぎり、どうも
まだ熱に浮かされてるっぽいし。。(笑
今夜は風邪薬と軽めの安定剤とモスコミュール(アルコール分5%)
で、寝ます(だ~か~ら~。。良いコは絶対に真似しないように!汗

おやすみなさいm(_ _)m


10/23

Tue

2007

おじさま萌えと他人(ひと)の云う。。

今宵、十三夜。
見れないかと思っていた月が、くっきり浮かぶ夜空を見上げながら、
横浜から帰ってきた。

Kは「栗だぁ~い好き♪」とのこと。
一緒に入った『Aftenoon Tea Room』でも、季節限定の“和栗の
テリーヌ”と紅茶のセットを注文していた。
私は“柚子レモンスカッシュ”。しゅわしゅわしたモノが飲みたくて。
昨晩夜中から今朝5時近くまで起きていて、それから寝て11時近く
に起きた完全昼夜逆転生活中の我が身体と云うか胃袋は、固形物
を微妙~に拒んでいるようで。。
いかん。明日は昼任務なのに。
でも一日昼間働いたら、翌日は夜任務。
体内時計は万年時差状態で、我が事ながら、良くやってるよ、と、
つくづく思う。
そんな愚痴は置いといて(^-^;
Kは京都土産の焼栗の金平糖に喜んで、『もやしもん』と『カッパの
飼い方』9巻(←あげる、と約束していた)に喜んで、足袋ちゃん(猫)
の話で盛り上がって、キレイにテリーヌを平らげて去って行った。
秋のうちにどうしても焼栗の金平糖は渡したかったから、良かった
良かった、と、見送る。

地下街ポルタの『cocue』でキラキラ☆のポーチを買った後、
本屋『丸善』を徘徊。で、やっぱり本を買ってしまうのだ(汗

『食いものの恨み』(島田雅彦;講談社)
『大人の知的旅行術』(林望;オータパブリケイションズ)

『食いものの恨み』は文庫本。
あの、島田雅彦先生の食べ物エッセイが文庫本化ですって!と、
電車の中吊り“今月の新刊”で見てからずっと「買ってやる~!!」
と思ってた本を、やっと買った。
これは以前一回、新宿の紀伊國屋本店で見掛けて、でもその時
何故か買わなくて、後日どこの本屋探しても発見出来ず悔しく思
っていた本。。の文庫化。入手出来て、めちゃめちゃ嬉しい。
インテリジェンスのあるエロな美形おじさん、って、嫌いじゃない(爆
そしてこういう精力的なタイプはおしなべて食に拘る。
食べるという行為は究極のエロスだ、と、聞いたことがあるような。。
そんな気もする。
食欲も性欲も人間の一番根源にある欲求だし、一緒に食事をする
気にならないような人と寝る気になんてならないから。。
食事というのは五感と舌を駆使して味わうもの。。こう書くとなんだ
か色っぽい感じがしないでもなくない?(笑
恨みって言葉の入ったタイトルからわくわくする♪
リンボウ先生の本は偶然発見。
奥付見たら、一年も前に発行された本だった。
林望先生のエッセイの中でも、特に食と旅に関するものは好きな
ので、迷うこと無く即買い。
知的で穏やかなのに硬質な感じがするおじさん、って、好き。。
おじさん~それ以上の年齢のヒトが好きだという嗜好は隠しようが
ないので隠してない(笑
そういうワケで、ではないけれど、そういう作家さんの本ばかり買
ってしまった日。。

ああ、なんて綺麗な月、でしょう。。(と、誤魔化してみる。笑

今読んでいる、昨日買ったよしながふみの対談集は。。
面白いんだけど、ちょっと私が過去に読んできたものと傾向が違っ
た漫画ばかりが出てくるので。。いや、楽しいとは思うんだけど。。
もっと分かる人が読んだ方が楽しめるんだろうな、と(^.^;;
Kiyoe嬢の方が私なんかより盛り上がって読んでくれそうだ。。
故に読了した後、差し上げます。だからKiyoe嬢。。
買わないでおいてね!!(←すみません、業務連絡です。汗


10/22

Mon

2007

念じれば呪となりぬ。。

夜任務明けの朝に舞い込んできたのは、今日の夕方からある筈だった
会議の主たる人物が体調不良で休みます、という報せ。
そうなると、その会議はもちろんキャンセル。
書類作成や資料収集に費やした時間と努力は惜しいけれど、今それが
何よりも一番嬉しい。
もしその会議が予定通りあったなら、任務終わってウチへ直帰して食事
してシャワー浴びて着替えたらすぐにまた職場にとんぼ返りしなくては、
時間的に間に合わなかったから。。無くなったとなれば自由の身♪(笑

本当は、最初からこの会議が無くなって欲しい、と願っていた。
いや、無くならなくてもいいけど、今日はツラい。だから延期になれ、と、
心の隅~の方でひっそりと。。しかし結構本気で祈っていた。
その念が祈りではなく呪(しゅ)になって、思わぬところに思わぬ形で出
てしまったようだけれども。。
とりあえず今日は助かった~っ(^◇^)。。である。

そうなれば足取り軽く、渋谷のTSUTAYAに寄り道して帰宅。

TSUTAYAに寄ったのは、友人より頼まれていた『もやしもん』5巻セット
を購入する為。
地下1階のコミック売り場に直行し、じわじわと増殖傾向にある“もやし
もん専用平台”(ディスプレイの菌君達が徐々に増えてるような気が。。)
でオマケ付き5巻セットを確保。かもすぞ~←寝不足で頭死んでる(笑
目的達成。。したからって、これだけで終わるわけが無い。
で、買いましたよ。3冊も。

『岸辺の唄』(今市子;発行ホーム社/発売集英社)
『すうべにぃる』(山田章博;日本エディターズ)
『よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべり』(太田出版)

『岸辺の唄』はずっと気になっていたのに買わずにいた作品(こういうの
がままあるんですねぇ。。何故か)が文庫版になって、新刊のコーナー
にあったので。好きです、今市子先生。この手の幻想モノは特に好き。
綺麗で淡々としているのに痛くて、そして切なくて。
帰りの電車の中で居眠りもせずに読んで、一番最初の話からちょっと
泣きそうになった。いいね。大好き。こういう話が書いてみたい。
『すうべにぃる』は表紙見て衝動買い。
買ってから中みたら、画集だった。漫画だと思ったのに。。
山田先生の絵には憧れを抱いている。高校時代に『百花庭園の悲劇』
と出会ったその時からずっとずっと、変わらずに。
陰影のくっきりした、絵画のように美しい絵に惚れている。
こんな風に描いてみたい。。漫研に所属していた高校の頃、そう思って
このタッチやコントラストの感じを真似ようとしたが、やっぱり無理だった。
しかしこの本、すごい昔(19年前)の画集の復刻版(新装版)だそうで。
やっぱり綺麗。。と、しばし見惚れる。
よしながふみの対談集は、多種多彩な漫画家さん達とのもの。
この人の漫画は好きだけど、『愛がなくても喰ってゆけます。』の本人
キャラで引いてしまって。。
近くに居たらぜ~っったいに友達どころか近寄ってもいかないタイプ。
ハッキリ云って「うわぁ。。ダメ」と思ってしまったので。
それから漫画も、同人として出版している『西洋骨董洋菓子店』シリー
ズくらいしか読んでない。。あ、『フラワー・オブ・ライフ』は雑誌の連載で
読んだっけ。。←しかもスゴいいい話。泣ける(T-T)
これって対談集かぁ~ん~ど~しようかなぁ~う~む。。と、散々逡巡し、
『もやしもん』5冊&他2冊持って、何度平台周辺を周回したことか。
しかし、最後の対談相手が萩尾望都先生でだったんで、落ちた(大汗
他の先生方もなんとも微妙~に偏ってて(笑)面白そうだし。
あとは。。よしなが先生のキャラがお腹いっぱいになりそうな程に全開
じゃない事を祈るばかり。。→いやマジで。本当に苦手なタイプ。。
けど、読み出すと止まらなくなりそうでヤバかったので、これは今後の
お楽しみに取っておいて。。と。
折角職場に再出動しなくても良くなったんだから、寝ましょ。。
も~相当眠い。。
ああ、なのに、文筆の神様が降りてきて、3作分のプロットを降ろして
いった。。あうう。。(/_;)
でも寝ます。限界。とりあえずメモしとこ。。


Calendar..

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Comment..

[01/24 ☆そら☆]
[09/03 ペニ子 F ヴァギ雄]
[09/26 ヴィクトリア女王]
[09/04 まぁゆ]
[08/24 ゆう]

Profile..

HN:
乾(いぬい)
HP:
性別:
非公開
趣味:
読書・旅行・文字書き
自己紹介:
横浜在住。
重症の活字中毒患者にして
旅中毒患者(笑)
本屋巡りが日課。。というか
ライフワーク。
そしていつも旅のことばかり
を考えているという。。

Search from my blog..

Access Counter..

Analyze..

Analyze...

Copyright © HYPNOTICな日々。。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]