忍者ブログ

HYPNOTICな日々。。

活字中毒・旅好き・食道楽でヲタな日常。。

10/22

Sun

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/23

Tue

2007

月を愛でる。。

           diary 2007.10.23 jyusan-ya

明晩は十三夜。
お月見というとまん丸の満月、十五夜、旧暦8月15日の中秋の名月
を思い浮かべるのが一般的だけど、これはそもそも中国の風習が
日本に伝わったもの。
日本独自の風習としてのお月見には、旧暦の9月13日、十三夜の月
に栗や豆を供える、というものがある。
十三番目の月は満月の次に美しい、といわれるそうだ。
それは何故か、と、云うと、日本には完全ではなく少し欠けたものを
愛でるという独特の美のとらえ方があったから、と手元の資料に書い
てある。
完全完璧よりもほんのすこぅし欠けたものを愛しく思う、という感性が
理解出来る。。というのは、日本人だから、なのか。

先程目を覚まして、まだ外が晴れているのか雲っているのかは見て
いないけれど、十三夜。。ならぬ十二夜の支度(笑
十二夜、と云えばシェークスピア(とても可愛い恋の話)だけど、明日
は月見が出来なさそうなので、とりあえず今宵済ませておこうかと(汗

京都『仙太郎』のこの時期限定“黒米おはぎ”と、
同じく京都『一保堂茶舗』の“いり番茶”。
自慢の安南焼コレクションに盛り付けて、お祝い気分を盛り上げる。

石垣島産だという黒餅米で作られたおはぎの美味しいこと。
炒り番茶の芳ばしいこと。
互いが相手を引き立てあってとても良い組み合わせ。
う~ん。。しあわせ♪
派手さは無くて地味だけど、これこそまさに滋味。和の感性。
日本人で本当に良かった。。

あ、そうそう。。忘れずに月も見に行かなくちゃね(^-^;;
ちょこっとだけ、夜のお散歩に行ってきます。。


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Calendar..

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Comment..

[01/24 ☆そら☆]
[09/03 ペニ子 F ヴァギ雄]
[09/26 ヴィクトリア女王]
[09/04 まぁゆ]
[08/24 ゆう]

Profile..

HN:
乾(いぬい)
HP:
性別:
非公開
趣味:
読書・旅行・文字書き
自己紹介:
横浜在住。
重症の活字中毒患者にして
旅中毒患者(笑)
本屋巡りが日課。。というか
ライフワーク。
そしていつも旅のことばかり
を考えているという。。

Search from my blog..

Access Counter..

Analyze..

Analyze...

Copyright © HYPNOTICな日々。。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]